仕事を辞めて、世界を一周することにした

30歳女。思いつきで5年半勤めた会社を退職して海外を旅する話。

ギリシャの秘境【メテオラ 】

f:id:isaqua:20191015034615j:image

目的地の手前の街、カランバカで一泊。朝、いい天気だ。建物が見えるな。今日はあの岩の上に行く。

f:id:isaqua:20191015040521j:image

バス車内から見える景色。奇石群。
f:id:isaqua:20191015034610j:image

写真だとサイズ感わからないけど、かなりの巨石。昇仙峡なんてちっぽけなくらい。そんな景色を眺めながら着いたところは

f:id:isaqua:20191015040552j:image

巨石の上に、これ、修道院。ここはメテオラといってこんな感じの修道院が6つある。修道院って俗世から離れたところとか神に近いところに造るのはわかるけど、いくらなんでも隔離されすぎない?
f:id:isaqua:20191015034539j:image

ほら結局こうなるじゃんかー。あれ乗りたい。
f:id:isaqua:20191015034544j:image
それでは見学です。ガイドさん替わりまして黄色のTシャツの方。イヤホンはないけど社会科の先生かと思うくらい、すごく話し上手な人だった。意味はわからなかったけど。
f:id:isaqua:20191015034548j:image

ふと気になった左側の建物。神庫のようなもの?
f:id:isaqua:20191015034557j:image

中にはコインが。こういうのは日本だけじゃないんだね。なにやら視線を感じて見ると
f:id:isaqua:20191015034552j:image

証明写真。これは?おお神よ、この男を救いたまへって?そういうことなの?アーメン。

f:id:isaqua:20191015034721j:image

橋を渡ってすぐに見えてきた絶景。
f:id:isaqua:20191015034716j:image

あれも6つの修道院のうちのひとつ。とても神秘的。ほんとに、どうやって造ったんだろう。
f:id:isaqua:20191015034725j:image

是絶景也。

f:id:isaqua:20191015041508j:image

では入ります。観光地化してるとはいえ現役の修道院なのでね、肩出しや膝上出しなどの露出はNG。この修道女さんのとても厳しいチェックを受ける。ツアーでこのために、スカーフ持ってきてねって言われてたからクリア。腰巻きは貸してくれる。

f:id:isaqua:20191015041439j:image

修道院の生活エリアっぽいところを見学します。
f:id:isaqua:20191015041420j:image

出遅れたのでみんながなにを見てるのかわからない。
f:id:isaqua:20191015041412j:image

ちょっと見えたのはこんな感じ。
f:id:isaqua:20191015041415j:image

あとソクラテスなどの偉人が勢ぞろい。

f:id:isaqua:20191016062442j:image

フリータイム。敷地内には庭もあって
f:id:isaqua:20191016062436j:image

みんな思い思いに過ごしてた。
f:id:isaqua:20191016062459j:image

ここにもやっぱり絵を描いてる子たちがいて
f:id:isaqua:20191016062451j:image

見えなかった。向こうの修道院を描いてたのかなぁ。

そして展望台みたいなところがあって、そこから見た景色は。

f:id:isaqua:20191015041631j:image

本当にありがとうございます。もう、これだけで、ここへ来て本当に良かった。
f:id:isaqua:20191015042158j:image

こちらは朝見上げた修道院からの風景。このオレンジ色に染まった街がカランバカ。田舎だけど綺麗。

f:id:isaqua:20191015042121j:image

そしてとても綺麗なネコ。

世界の中心で暑いと叫ぶ

f:id:isaqua:20191009062835j:image

今回はベルトラにお世話になります!
f:id:isaqua:20191009062856j:image

とても不安ですが!!
f:id:isaqua:20191009062845j:image

向かう先はアテネから片道4時間。
f:id:isaqua:20191009062905j:image

配られたこのイヤホンで離れててもガイドさんの声が聞こえる。大人数のための配慮だね。説明の導入で「OK.Dear my friend...」を何回聞いただろ。
f:id:isaqua:20191009062827j:image

さて、着いたのはデルフィ。ここはかつて世界の中心と考えられていたという、ギリシャ神話始まりの地。セカチュー
f:id:isaqua:20191009062920j:image

神聖な場所といえばお約束の、訪問者に与えるなにかしらの試練。ここはひたすら階段。暑いです。

f:id:isaqua:20191009063235j:image

きました!なんかの遺跡です!
f:id:isaqua:20191009063204j:image

知る人ぞ知る遺跡か。たぶん神殿なんだろうけどわからないのでガイドさんの説明を聞きます。が、ただでさえ英語でさっぱりなのにオシャレなサングラスがどうしても気になってしまってまったく頭に入ってこなかったです。
f:id:isaqua:20191009063212j:image

これも神殿かな。
f:id:isaqua:20191009063153j:image

あらーこれも神殿かな。たしかアポロン神殿とかいうやつ?
f:id:isaqua:20191009063220j:image

昔はこんなだったよーって写真説明はありがたい。それで、アポロン神殿なんですかね?
f:id:isaqua:20191009063251j:image

石に刻まれた文字、ギリシャ文字を少し教えてくれた。最初の6文字でデルフィと読むらしい。Δελφοί。

f:id:isaqua:20191009063259j:image

はー。高いとこまで来た。暑い。
f:id:isaqua:20191009063618j:image

ここは劇場だな?

f:id:isaqua:20191014014608j:image

上から見下ろす。頑張ってさらに登りました。うーん、いい眺め。暑い。
f:id:isaqua:20191009063633j:image

登るときに気になってたんだけど
f:id:isaqua:20191009063536j:image

とても尖った木。これ自然なもの?
f:id:isaqua:20191009063645j:image

よく見ると点在してる。これはなんなんですかね?
f:id:isaqua:20191009063550j:image

帰り、給水所があった。
f:id:isaqua:20191009063657j:image

迷わず補給。ここのお水はぬるくなったらあんまり美味しくなかった。

以上、デルフィがあっさりしてるのは、ツアー行程に組み込まれていただけのおまけみたいなものだったから。神話好きからしたらホントの聖地なんだけど、それよりなにより日差しが暑いんですよ。お空に近いですし。

f:id:isaqua:20191014044647j:image

ガイドさんの旦那だという運転手さんはスレスレだった対向車から拍手をもらうほどのナイスドライビングテクニックでした。

さて、お楽しみはこれから。

パルテノン神殿で猛暑の洗礼を受ける

アテネといえばパルテノン神殿!ここはアスワンか?ホテルを出た瞬間の熱風にくじけそうになりながら街の中心へ。

f:id:isaqua:20191007131101j:image

16時。営業時間が17時までとの情報もあってダメ元で来てみたら夜までやってた!というか並ぶはずが全然人がいない。あれ?穴場の時間だった?
f:id:isaqua:20191007131105j:image

並ぶことなくチケット購入。
f:id:isaqua:20191007131109j:image

すんなりエントリー。

f:id:isaqua:20191007131258j:image

目指すはあそこ。アクロポリス 。暑いなぁ。丘の上だなぁほんと。
f:id:isaqua:20191007131309j:image

誰かの像。
f:id:isaqua:20191007131305j:image

劇場跡かな。普通席と
f:id:isaqua:20191007131314j:image

貴族っぽい人の席。お金持ちの人はマイシートで名前入り。
f:id:isaqua:20191007131253j:image

少しだけ残ってる像の中に
f:id:isaqua:20191007131322j:image

とても重そうに頑張ってる人。

f:id:isaqua:20191007131507j:image

まだまだ歩きます。
f:id:isaqua:20191007131523j:image

軽く登山。そしてジリジリと痛いほどの日差し。暑い。日傘なしで歩く人たちが信じられない。
f:id:isaqua:20191007131501j:image

あー、すでにもういい眺め。
f:id:isaqua:20191007131512j:image

音楽堂もあった。
f:id:isaqua:20191007131529j:image

オーケストラのセッティングがしてある。遺跡にしてはとても綺麗だな。
f:id:isaqua:20191007131519j:image

やっと入り口!暑い。すでに汗だくです。

f:id:isaqua:20191007132019j:image

さすがの見晴らし!
f:id:isaqua:20191007132036j:image

そして人が少ない!
f:id:isaqua:20191007132012j:image

混雑時は人の頭ばっかり写っちゃうみたいなんだけど、かなり独占。これがかの有名なパルテノン神殿かぁ。工事してるなぁ。
f:id:isaqua:20191007133800j:image

とっても工事。修復工事はずっとしてるみたい。
f:id:isaqua:20191007132003j:image

説明書きは読めない。
f:id:isaqua:20191007132033j:image

屋根のほうで挟まれてる馬がいた。
f:id:isaqua:20191007132008j:image

あっちも馬。あぁ、とても痛そう。

f:id:isaqua:20191007134705j:image

日陰で写生してるカップルがいた。できればあの悲痛な面持ちの馬もちゃんと描いてもらえると個人的にとても嬉しいです。

f:id:isaqua:20191009034126j:image

あとになって知ったことだけど、この日は40℃近い猛暑日で。

f:id:isaqua:20191009023835j:image

こんなニュースも出るほどだったらしい。日陰のほとんどない丘の上。40℃を超えていたらせっかく来ても閉鎖してたかもしれない。どうりでガラガラなわけだ。
f:id:isaqua:20191007134708j:image

せっかく来たので暑いけど記念撮影。
f:id:isaqua:20191007134702j:image

この写真のために、断腸の思いで日傘を畳む決断をした。

f:id:isaqua:20191007143026j:image

暑いけど見晴らしはとても良かった。こんなとこ、神殿造っちゃうわけだなぁ。

夜。幾分か気温も落ち着いて。
f:id:isaqua:20191007143002j:image

不気味なほどの静けさの中、アクロポリスふもとの公園を歩いていき、その先には
f:id:isaqua:20191007143036j:image

夜景!
f:id:isaqua:20191007143316j:image
パルテノン神殿も元気に発光!綺麗でした。公園は静かだけどデートスポットのようで意外と人がたくさん潜んでいた。そしてどこかで第九が聴こえるような。
f:id:isaqua:20191007143049j:image

帰り道、偶然通った音楽堂前。なんと今夜は演奏会が開催されていたらしい。

f:id:isaqua:20191009042518j:image

夏限定のイベント。それで昼間のあのオーケストラセット!現役の遺跡だったんだ。第九も空耳じゃなかったのね。心から残念、聴きたかった。というか、入りたかった。

アテネごはん

f:id:isaqua:20191001000911j:image

深夜2時のアテネ。空港バスで市内の広場まで来た。大通りを20分ほどひた歩き無事ホテルにチェックイン。

翌日。アテネの滞在はわずか1日!美味しいものが食べたいですね!
f:id:isaqua:20190930223254j:image

街角にあった
f:id:isaqua:20190930223116j:image

オシャレそうなここは

f:id:isaqua:20190930223626j:image

お肉屋さん。
f:id:isaqua:20190930223653j:image

ハムいっぱい。

f:id:isaqua:20190930223502j:image

ここがレストランになってる。店内満席。奇跡的に座れた、これは絶対美味しいやーつ!
f:id:isaqua:20190930223648j:image

一通り注文したら、まず出てきたハム。これはサービス。む、やっぱり美味しい。
f:id:isaqua:20190930223643j:image

そしてサラミのサラダ!苦味のある葉っぱとオーロラソースみたいな甘めの謎ソースがいいバランスで美味しい!!
f:id:isaqua:20190930223630j:image

お肉のなんか。これ、なんだったんだろう。美味しかったんだけど。
f:id:isaqua:20190930223638j:image

2種類のソーセージ!ノーマルとハーブが入ったソーセージ。お肉しっかりしてました。とても美味しい。下にはやっぱりパンがいる。

f:id:isaqua:20190930223811j:image

お腹いっぱいいただきました!

f:id:isaqua:20190930223940j:image

チェックお願いしたら出てきたデザート。生クリームみたいな食感のギリシャのヨーグルト。この美味しいジャムの味が思い出せなくてフロアスタッフに聞いたら、ニンジンなんだと。さらに「わたしが作ってるの」と!あなたが!これがサービスだなんて!!アメージング!!

常に満席のお店『Karamanlidika』ごちそうさまでした。

次はカフェ。
f:id:isaqua:20191001000918j:image

アクロポリスを見終わったあとに休憩したここは『Lotte cafe-bistrot』外は満席。
f:id:isaqua:20190930223946j:image

店内はいちいちオシャレ。
f:id:isaqua:20190930224337j:image

水道水が飲めるアテネ、席に着くと水が勝手に出てくるのは日本でこそ当たり前だけど、今となっては感動。
f:id:isaqua:20190930223952j:image

スピリッツってお酒とチョコレート。チョコは甘ったるいのかと思ったら意外と飲みやすかった。お豆はサービス。
f:id:isaqua:20190930223937j:image

ちなみにここのトイレは水を流すレバーが見当たらなくて、しばらく探したのちに
f:id:isaqua:20190930223934j:image

上にあるのを見つけた。頭上にタライはなかった。

そして夕ごはん。

f:id:isaqua:20190930224420j:image

チェーン店のようだけど、近くによさそうなお店がわからなかったのでここにした。
f:id:isaqua:20190930224407j:image

店内に木が生えている。
f:id:isaqua:20190930224415j:image

なんとも美味しくなさそうなごはん!まさかパスタが麺しかないなんてことがあるとは。テールスープはニンニクが効いててちょっと酸っぱくて美味しかった。量は多すぎた。
f:id:isaqua:20190930224423j:image

一番美味しかったのは野菜のグリル。なんとギリシャじゃなくても食べれる一品!!

サントリーニ空港の落とし穴

f:id:isaqua:20190930173914j:image

サントリーニ島のオシャレ雑貨屋さん。
f:id:isaqua:20190930173909j:image

入って服など見ていると、なにやら強い視線を感じる。
f:id:isaqua:20190930173854j:image

まさかの店番アンダー ザ チェア。置物じゃなかったのね。

さて、特に買うものもない(高くて買えない)ので今日も綺麗な景色を見に行こう。なんたって景色はタダ!
f:id:isaqua:20190930173857j:image

青いドームの見える風景。ザ・サントリーニ!
f:id:isaqua:20190930180136j:image

プラプラ歩いてるうちにそろそろサンセット。昨日は人混みをかき分けて歩いたりしてるうちに沈んでしまったから、今日はどこかで落ち着きたい。
f:id:isaqua:20190930173849j:image

絵のような扉。
f:id:isaqua:20190930173906j:image

もうひとつあった。迷わず入ります。
f:id:isaqua:20190930173902j:image

 

f:id:isaqua:20190930181133j:image

カフェでした。まだ空席もあって眺めがいいのでここに落ち着きます。ドリンク注文で景色はタダ。
f:id:isaqua:20190930181144j:image

夕日。綺麗です。綺麗なんだけどさ。
f:id:isaqua:20190930181121j:image

陽が当たるんです。
f:id:isaqua:20190930181139j:image

眩しいんです。
f:id:isaqua:20190930181136j:image

堪えること数十分。もうすぐサンセット。
f:id:isaqua:20190930181129j:image

みんな思いおもいに写真を撮り始める。
f:id:isaqua:20190930181124j:image

柵側の席に座ればよかったと後悔しつつ、インスタ女子の写真撮影会を眺めるみねこ。

f:id:isaqua:20190930193659j:image

そうこうしているうちに日も暮れて、
f:id:isaqua:20190930193715j:image

また街に明かりが灯り始めた。
f:id:isaqua:20190930193656j:image

インスタ女子もお帰りになったので、そそくさと写真撮影。どうしてみんなこのオレンジブルーのグラデーションを見ないんだろう。
f:id:isaqua:20190930193711j:image

こんなに綺麗なのに。

f:id:isaqua:20190930194016j:image

ふう、ごちそうさま。ここの景色も素敵でした。
f:id:isaqua:20190930193706j:image

あんなに満席だったのに、みんなすっかり帰ってしまった。『enigma suites&cafe』よかったです。

 

翌日。サントリーニ島最終日。

f:id:isaqua:20190930195113j:image

お世話になったキャンプ地。
f:id:isaqua:20190930195122j:image

夜はクラブハウスのように低音鳴り響いたこのロビーと
f:id:isaqua:20190930195110j:image

眺めるのみに終わったプール。
f:id:isaqua:20190930200137j:image

最後の朝食。さすがに飽きたのでサンドイッチ。みねこはアメリカン。
f:id:isaqua:20190930195105j:image

この崖の街の風景も今日で最後。

f:id:isaqua:20190930200450j:image

少しだけお散歩。
f:id:isaqua:20190930195054j:image

途中で気の良いおじちゃんがいたお店で焼き鳥購入。スブラキ。店内が熱気で暑すぎるので
f:id:isaqua:20190930195102j:image

いつもお世話になっております、マックの
f:id:isaqua:20190930195117j:image

いつもお世話になっております、この席で
f:id:isaqua:20190930195059j:image

スブラキ、いただきました。ポテトはマックのほうが美味しかった。この場所は電源もあって毎日のように来た、ここはわたしたちの避難所だった。

f:id:isaqua:20190930201750j:image

そしてコロコロ運行時間が変わる空港シャトルバスに乗り
f:id:isaqua:20190930201735j:image

到着時は真っ暗で全貌がよくわからなかったサントリーニ空港へ。やはり小さい。少し早めに3時間前に来てみた。
f:id:isaqua:20190930201747j:image

空港の外ですごく並んでる。なんだろう。行列を横目に入り口に向かうと、立っていた警備員にどのフライトか?と聞かれる。22時頃と答えると、そうかそうか、外で待ってろ、と笑顔であしらわれた。酷暑のアスワンですらなかった、まさかの「空港に入れない」問題。

クーラー効いた中で待ちたいのにーと思いつつ、外のカフェで時間を潰す。
f:id:isaqua:20190930201731j:image

後になって知る。追い返された理由。この空港内、狭すぎて居場所ないんだ。
f:id:isaqua:20190930201738j:image

売店でパイを買って、テラスの椅子をキープ。蒸し蒸しするけど、室内はそれはそれで混雑時は酸欠になるという。

しばらくしたら席取り合戦が行われてた。
f:id:isaqua:20190930201723j:image

何便見送ったかな。ディレイもあって結局4時間待った。

日も変わる頃、
f:id:isaqua:20190930201743j:image

あれだ。今度こそ、きっとあれだ。
f:id:isaqua:20190930201727j:image

これだったーー。やっと搭乗。このあとは深夜のアテネ徘徊が待っているのです。

サントリーニの風とギリシャ料理

f:id:isaqua:20190924113446j:image

サントリーニ島3日目はコンチネンタルブレックファストでモーニン。はえー。アメリカンに比べてとてもあっさりしている。
f:id:isaqua:20190924113451j:image

記憶は飛んで昼過ぎ。今日はですね、高いところに行きたい。それも楽をして!
f:id:isaqua:20190924113453j:image

車を走らせること数十分。道を間違えながらもなんとか登り口を見つけて侵入に成功!
f:id:isaqua:20190924113457j:image

上がります。
f:id:isaqua:20190924113443j:image

あの見えてる街はカマリ。ビーチの砂は黒かな。火山が影響してるとかで砂が黒いのだそう。この島はブラックビーチがあればホワイトビーチもあってついでにレッドビーチもある。
f:id:isaqua:20190924113500j:image

飛行機よりも高いところに来てしまった。

f:id:isaqua:20190924120551j:image

ジグザグ道をひたすら登る。スマートでよかった、と。曲がった先に対向車がいないことを何回祈ったことか。
f:id:isaqua:20190924120548j:image

ついに頂上らしいところに来た!風が強い!風が、強い!立ち止まっていたいのに歩いてしまうワンダー!
f:id:isaqua:20190924120556j:image

本当は頂上はもっと先で、歩いていけるようだけど
f:id:isaqua:20190924120600j:image
この猛烈な風に恐怖心が煽られて断念。サングラスが飛んでいく。傘があったらわたしも飛べると確信した。
f:id:isaqua:20190924120544j:image

それでもここも十分高いですよ。

f:id:isaqua:20190924121251j:image
体全体で風を感じて、下山。お腹が空いた。
f:id:isaqua:20190924121303j:image

カマリの街に可愛らしいお店があったので入店。
f:id:isaqua:20190924121300j:image

時間が中途半端なのもあってか、空いてる。

f:id:isaqua:20190924121820j:image

ギリシャ料理のコースを注文した。下調べ不足で、なにがギリシャ料理なのかもわからず入国しているので、コースにすることですべて解決!という魂胆。

f:id:isaqua:20190924122118j:image

まずはガーリックトースト。奥のたらこマヨソースみたいなのは美味しかったけど、手前の魚のすり身を謎に味付けしてピンク色と化したソースは生臭くてわたしは無理でした。真ん中はご存知、オリーブ。
f:id:isaqua:20190924122105j:image

で、一気にくるギリシャ料理盛り合わせ!コースとは!!
f:id:isaqua:20190924122109j:image

これで2人分。前日にみねこがイオで食べたムサカもあるけど、まだ未経験の料理もいっぱい。かき揚げみたいのもあるな。
f:id:isaqua:20190924122114j:image

中でも印象的だったのは、この、トマトにご飯を詰めたもの。家庭料理のようです。全体的に、普通に美味しかったです。そして多かったです。おなかいっぱいです。

f:id:isaqua:20190924122111j:image

とどめのように出てくるフルーツ。ゴボゴボです。

サントリーニNo.1の風景

f:id:isaqua:20190919183111j:image

街のギャラリーで見た写真。
f:id:isaqua:20190919183116j:image

本当にオシャレな島なんだねぇ。そんな島で一番人気のサンセットを見に行きます。
f:id:isaqua:20190919183108j:image

うわぁ。すごい人。
f:id:isaqua:20190919183119j:image

すごい人。
f:id:isaqua:20190919183123j:image

すごい人。どんな混雑具合かというと
f:id:isaqua:20190921112044j:image

富士登山吉田ルートの9合目くらい。
f:id:isaqua:20190919183100j:image

あぁ。なんか、サンセットよりも人を見てしまう。

f:id:isaqua:20190921112319j:image

このへんのサンセットが見れるホテルはすっごい高いから、みんないろんなとこから見に来る。
f:id:isaqua:20190921112310j:image

いやー、たくさんだ。
f:id:isaqua:20190921112325j:image

夕日に照らされた崖に建つ家々もまた美しい。
f:id:isaqua:20190921112322j:image

こんなところによく造ったよなぁ。
f:id:isaqua:20190921112328j:image

あ、サンセット見るんだった。もう終わってしまう。
f:id:isaqua:20190921112331j:image

拍手で終わった。一瞬だった。

f:id:isaqua:20190921114004j:image

サンセットが終わった途端に帰り出す人々。えー。これからなのにー。なんて考えてた瞬間、悲鳴のような叫び声と、さっき以上の拍手が!
f:id:isaqua:20190921113017j:image

ドッキリして振り向くと、どうやらプロポーズが成功した模様。ロマンチックです。周りの人たちはこの状況を察して、固唾を飲んで見守っていたらしいんだけど、彼らに背を向けるようにして座っていたわたしだけが完全に乗り遅れた。オーマイブッダ。誰かが崖から落ちたのかと思ったわたしの心拍数を返してくれ。
f:id:isaqua:20190921113023j:image

そんなカップルもみんなに祝福されながら帰ってしまった。もったいないなぁ。わたしたたちはここからが本番だよ。
f:id:isaqua:20190921113008j:image

空のグラデーションとぽつぽつ灯り始める明かり。
f:id:isaqua:20190921113010j:image

それが、だんだん輝きを増していって
f:id:isaqua:20190921113019j:image

美しい夜景に。

f:id:isaqua:20190921114802j:image

これこれー!!この夜景だよー!!はしゃいで撮りまくり。
f:id:isaqua:20190921114806j:image

みねこwith moon。
f:id:isaqua:20190921114812j:image

本当に綺麗だ。だけどもう写真にも写らなくなってきたし、髪も潮風ですっかりパキパキに。
f:id:isaqua:20190921114759j:image

帰りしな、お菓子がとっても似合うオシャレなおじちゃんがいた。